株式会社設立の流れ: 登記申請の添付書類の作成

設立登記申請書の最終確認をします。

 

(1)設立登記申請書の準備         

 

   設立登記を申請するときに添付する書類は下記のとおりです。

 

1.株式会社設立登記申請書

 

2.登録免許税納付用台紙

  …一般的には設立にかかる税金をこの用紙に収入印紙で貼付します。

 

3.登記用紙と同一の用紙

  …この用紙に会社の商号とか目的、役員等の詳細を記載するのですが、

   法務局によってコンピュータ化されてOCR用紙を使用する所と従来

   どおり手書きの登記簿を使用している所がありますので、それにより

   専用用紙が異なります。

   事前に管轄の法務局で確認する必要があります。

   どちらの場合でも専用用紙は無料でいただけます。

  

4.定款

 

5.払込金証明書

 

6.取締役及び監査役の選任決議書

 

7.取締役及び監査役の調査書

  …滞りなく払い込みが済んだのかチェックします。 

 

8.取締役会議事録

 

9.資本金計上の証明書類

 

10.代表取締役の印鑑証明書

   …代表取締役のみです。

 

11.代表取締役の印鑑届書

   …代表者印の届出は専用用紙に押印して行いますが、

    各法務局によってOCR用紙か従来の印鑑ビラを使用するのか

    異なります。

    事前に管轄の法務局で確認する必要があります。

    どちらの場合でも専用用紙は無料でいただけます。

(2)設立登記の申請

 

  上記の1~10までを番号順に束ねて、

  左端を2箇所ホッチキスで綴じます。

 

  綴じた書類と11の印鑑届書を重ねてクリップで留めます。

 

  1と2の用紙の真ん中に申請者の割り印を押印します。

  あとは、管轄の法務局へ行き「商業登記箱」へ投函するだけです。

  ※申請期間は「残高証明書」を確認して取締役が調査書を

   作成した日から2週間以内です。

(3)申請後の手続

 

   法務局の忙しさや時期にもよりますが、大体申請受理してから

   3~4日間で完了します。

   完了した日が設立日ではなく、申請した日が設立日すなわち

   会社の誕生日になります。

 

   登記が完了したら早速、商業登記簿謄本、印鑑証明書の交付を

   申請します。

   取引先等へ提出する場合がありますので、予め必要通数をチェック

   しておきましょう。

 

※印鑑カード方式になっていますので、法務局から交付された印鑑カードは大切に保管してください。印鑑カードがあれば委任状がなくても誰でも会社の印鑑証明書が取れます。

起業家支援ネットは、認定支援機関であるJI法律経営グループと提携しています。