最初の一歩: 株式会社か個人事業かの選択

起業家にとって大きな目標の一つに会社の設立が上げられます。

今までのサラリーマンから一国一城の主になるわけです。

同じ主でも個人事業主とはちょっと違った重みがあります。

株式会社○○○○ 代表取締役○○○○ という法律で認められた組織の代表となるわけです。

 

ここで、株式会社のメリットを整理してみます。

 

(1)対外的な信用が上がる

(2)金融機関からの融資が受けやすい

(3)求人でも従業員を確保しやすい

(4)税法上のメリットも多い

(5)事業が拡大できる

などが上げられます。

 

しかし、それなりの責任も当然発生します。憧れから会社を作るのではなく、自分の事業プランの通過点として捉えていただきたいです。

 

会社を設立することによって発生するメリットデメリットがありますが、まずは金銭的な面での法人か個人かの判断基準をご紹介いたします。 

 

 ●自分の給与を除いた利益(売上-経費)≧ 800万円

 

上記のような見込みなら、法人にした方が原則有利と言えます。

ただこれはあくまでも一つの判断基準であり、800万円を超えればすべて法人が有利という訳ではありません。

それ以外に「人を採用したい」「親会社との関係」「万が一の責任の所在」 等、いろいろなケースを考慮しなければなりません。

 

その為に起業家支援ネットでは、株式会社が良いのか個人事業が良いのかを判断する「ビジネスプラン作成支援」のご活用をオススメいたします。

 

-本当に会社を設立する必要があるのかどうかを判断できます-

    >>> ビジネスプラン作成支援はこちら <<<

 

志が高い起業家が描く明るい将来像と、事業の形態や特徴、必要資金などを充分に考えて、 適切な株式会社化を目指して行きましょう。

 

起業家支援ネットは、認定支援機関であるJI法律経営グループと提携しています。