Vol.4 スマサポ 『株式会社 高野自工』

第4回目のスマサポは、今年4月に新工場をオープンされた株式会社高野自工の高野さんにお話をお伺いしました。とても綺麗な事務所でお話をお聞きしました。


株式会社 高野自工様はこんな会社です。

トラックやバンの架装を行っています。架装という言葉は、聞きなれないと思いますが、トラックバンの荷台を使いやすく改造することです。それぞれの会社にあった使い勝手の良い車に法律の範囲内で改造しますと高野さんからご説明頂きました。架装することで、安心・安全に仕事が行えます。もう一つは、福祉車両の自操装置の取り付けです。障害者の方々の自立支援を行っています。バリアフリーで誰でも気軽に出掛ける事ができるように高野自工様は支援しているのです。

株式会社 高野自工様はこんな事が得意です。

部品を自社で作っています。例えば、洋服をかけるハンガーパイプです。長期間使っていただけるように作っています。新しい車に変えるので、ハンガーパイプを付け替えて欲しいという依頼も多いですと。オリジナルで作成するので、お客様には喜んで頂いておりますと笑顔でお話頂きました。

新工場は如何ですか

以前より作業スペースが広くなり効率的になりました。また、社員の能力を活かせる事が出来るようになりました。例えば塗装。今までは、作業スペースの問題から、外注していましたが、新工場になってからは社内で行っています。また、今まではあまりやっていなかった、普通車の修理も増やしていきたいと高野さんは仰っていました。新工場になってからこそ、できる事ですよね。


趣味はなんですか

料理が好きです。大学時代のバイト先で料理の魅力を知りました。お酒のツマミから何でも作ります。今はネットで調べれば、色々なレシピが載っていますので新しい料理にも挑戦していますよと高野さん。料理の世界は奥が深いですよね。でも、最近は忙しくて料理を作っていないそうです。

最近面白いと感じた事がありますか

7月末にJCで小学5〜6年生40人を無人島体験してもらう企画の担当になりました。子供達になかなか経験できない事をやってもらう企画です。JCメンバーが集まって色々な事を決めていきます。そのひとつで、竹小屋作りを考えました。メンバーで実際に作ってみたのですが、全然上手くできない。こんな事で大丈夫だろうかと思ったそうです。しかし、みんなで集まって色々とアイデアを出し考える事が面白ですと楽しそうにお話下さいました。毎週末、下調べ等でとても忙しいそうです。高野さん子供達の笑顔のため頑張ってください。

好きな言葉はありますか

「できない理由を探さない」松下幸之助さんの言葉です。毎日の生活の中で、ついできない理由を考えてしまいます。時間がないとか、忙しいとか。そうではなく、どうしたらできるかを考えるようにしたい。できないという事は簡単ですからと。確かにそうです。“時間がない”はつい言ってしまいます。

大切にしていること

 “人との約束は必ず守る”事は大切にしています。時間はもちろんですが、社員との約束、お客様との約束。約束を守る事は一番大切だと思っていますと仰っていました。

最後に

お客様に喜んで頂けるように日々精進しています。壊れない、使いやすい物を作る技術力と積み重ねた経験から得られる、発想力と応用力。車に関するスペシャリストを目指し、社会に貢献していきたいですと力強く語って頂きました。

 

 高野自工様は「あなたのクルマをより使いやすく、快適に」をモットーに、皆様の快適なカーライフを提案してくれます。お車で困った事があれば、是非高野自工様にお問い合わせ下さい。高野さんが笑顔で迎えてくれますよ。カラーコーディネートされた新事務所も一見の価値はあります。

 

高野さん、お忙しい中貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。


起業家支援ネットを今後とも、何卒、よろしくお願い致します。

 

和泉博之

株式会社 高野自工

⇒ http://www.bfree.co.jp/


〒501-0214

岐阜県瑞穂市生津外宮東町2丁目74-1

 

 TEL  058-372-3800

 

 FAX  058-372-3801


(取材日:2015/04/21)

 

ともだちネットワークづくりTOPへ

起業家支援ネットは、認定支援機関であるJI法律経営グループと提携しています。